2022年は外出自粛の影響もあり、自宅でできる副業に関心を持った人が多いのではないでしょうか。そんな中、女性の間で評判の高い副業の1つがチャットレディーになります。

しかし、アダルトのイメージが強いだけに、登録をするにも、どの程度自分の情報を入力しなければいけないのか悩みますよね。ここでは、チャットレディーとして登録するための情報について紹介していきます。

チャットレディーとして登録する場合、身分証明書を見せる必要があります。
というのは、ライブチャットは基本的にアダルトなものを取り扱うので、18歳以上であることを確認する必要があるのです。言い換えれば、女性が18歳以上(サイトによっては20歳以上)であることさえ確認できれば良いだけなので、本名や住所もライブチャットの登録時に必要ありません。

ライブチャットのサイトによっても登録の方法は異なりますが、基本的には運転免許証やパスポートなど、公式な身分証明書を持って自分の顔写真を撮影し、それを登録時に添付して送ります。
身分証明書では顔写真と生年月日の確認ができれば良いので、それ以外のところは隠しても構いません。

身分証明書に貼られている顔写真と実際の人物が同じであることの確認、そして確かに18歳や20歳以上の年齢であることの確認が行われるだけですので、本名や住所のところは隠しておいても構わないのです。
もちろん、このような年齢確認をしているサイトはきちんと法律に則って運営されているサイトですので、本名や住所を見せたとしても、それが悪用されるリスクはありません。

実際に自分の顔写真や年齢を出すこと自体に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、これは法律に則って運営しているからこそ必要な手続きです。
むしろ、このような手順を踏まずに登録できてしまうライブチャットは法律に則っていない可能性が高いですから、そのようなライブチャットには登録しないようにしましょう。逆に個人情報を悪用されてしまう可能性があります。

プロフィールに載せる名前や生年月日、出身地は本当のものである必要はありません。女性の中にも本名で登録している人もいますし、ニックネームや偽名で登録している人もいます。
生年月日も正しく入力する必要はありません。
ただし、プロフィールに載せる写真からは到底想像できないような年齢で登録してしまうと男性に怪しまれてしまいますので、仮に年齢をごまかすにしても数年にしておきましょう。